大垣 三塚 宝光寺
     taiwa for good  社会を善くするための対話仏教
taiw@ho-ko-ji.com 
〒503-0808 大垣市三塚町1081


「対話」という出逢い

あらゆる対立・決別・葛藤を
根本的な解決に導く、最後に残された賢明な秘策

世界規模で展開されてきたグローバル化により、互いに異なる人種や民族、思想や宗教、文化や文明を所有する人間どうしの密度が濃くなり、より共存し、共生することへの意識が高まってまいりました。そして、コロナウイルスがやって来ました。人間同士の格差というものが逆にコロナを近くへ引き寄せました。

これからの未来を考えるに、多元化社会を避けることが不可能なことならば、健全なる実現を創造するほかありません。その前提条件として共有すべきことがあります。それが、多様にして異なる立場を相互に認め合うコミュニケーション「対話」であると私は考えます。

文明、宗教、価値観、倫理における相互の対立は、人間の尊厳を脅かし、世界の各地で衝突を発生させています。この不安を解決し他者に対する尊厳性を再構築する為に共有すべきものとして採り上げるのが「対話」に他なりません。この「対話」の価値に、我々人類が広く且つ深く覚醒することが、人間相互の深刻な対立をより深い共存共栄に導くきっかけとなります。「対話」は人間相互の関係性において生じるあらゆる対立・決別・葛藤を根本的な解決に導く為の前提条件であり、賢明なる戦いの秘策となり得ます。これまでの近代文明社会では「対話」に関心が示されることはありませんでした。人類は腕力→道具の開発力とその使用能力→火力→情報力→知恵力と戦い方を変遷してきました。しかしこのどれもが「相手を打ち負かし自分が勝つ」という着地点、非対称的結果しか導き出せてきませんでした。真の智慧は「相手の価値と尊厳をその本人以上に高くする」ことにあります。

その点に於て近代思想がもたらした「討論(ディベート)」をはじめとする知恵の戦いは、根本的な誤りを引き起こし、現代社会において深刻な対立を発生させる原因となりました。「対話」の目的は「討論」とは異なり、文化、文明、思想、宗教、政治、教育、経済、経営、福祉等のあらゆる分野において、相互の関係性から生じる諸問題そのものを価値に変えるシナリオを導き出します。今後、人類全体が希求する課題こそが、あらゆる分野に発生する深刻な対立を対話によって解決する事であり、その実現に向けた取り組みが、多様な学問の間で真摯に模索されています。そして宗教者に求められる課題こそが、諸宗教対話共同体を設立する事であり、諸分野における対話のための基本的な智慧のモデルを、社会に提供する事にあるのです。

当山は、「対話」をあらゆる出逢いのお伴とすべく、できるだけ多くの人と共有するために何が必要か、どんな取り組みをすべきか日々思索しております。

大垣 三塚

七面山 宝光寺

祈りと然しと験し(いのりとゆるしとしるし)のお寺

岐阜県大垣市三塚町にあるお寺です。日本仏教は古代から今日に至るまで、印度、中国、日本が育ててきた人間仏教です。その貴重な情報を用いて、一人ひとりの持ち味を大切にし、大きな安心のある生活のために、日本仏教の伝統的な作法で、講話し、毎日お祈りを捧げ続け、またご相談をお受けしています。


毎日の生活が楽しく思える、「幸せの予感」ある日々、そんな生活についてを考え続けています。

生活とはなんでしょう? それは「生活」という言葉の中に秘められています。
日本中の家族が生活という言葉に託された生活の様相を共有することが宝光寺の使命です。

人事やモノの見極めにおける、仏教と儒教のなかに古来より伝わる不思議な知性が利益運営のお役に立ちます。ぜひご相談ください。

どこのお寺にも必ず痛みを取る方法があります

ご祈願・ご祈祷・ご回向お引き受けします。


当山では日々諸仏諸菩薩諸天に
真理のお食事を差し上げております。
それによって神は生命力を養い増し、
いよいよ盛んに働かれます。

味わいよき真理のお食事を望まれるのは
ご先祖さまも同じです。
当山にご縁を結ばれる方々全てに豊さがもたらされます。
味わいよき真理のお食事を差し上げる人になることが
ご自分の心の痛みを癒す信仰です。
INORI
祈りの叶わざることはあるべからず

神人調和

犬坊丸尊霊

工藤祐経の嫡子。約800年前しばらく当地に住み、大塚の神様に武運長久を祈り、それが叶いのちに伊藤祐時となって活躍する。
日蓮聖人の一番弟子日昭聖人の叔父、妙一尼の弟。

七面大明神

元禄四年身延山よりご遷座された龍女の神様。鬼門を閉じて七宝を開く霊験で人々を救済する。
豊穣・子宝・七難即滅七福即生の神様。

産土 大塚大明神

大塚とは誰でしょう。当地を長くお守りくださってきた産土の神さま、多くの人がこのお寺に休息を求め、魂の潤いを明神から頂き、ほとりに湧く清水にその身を潤したことでしょう。

第十五代 潮叡

当山生まれ当山育ち。日本仏教では能力才能がなくても成仏できる、幸せになれると説いています。これを誰が聞いてもわかるお話にしてお届けしています。
人事百般、商業・売買・生活環境向上、なんでも相談お受けしております。

第十五代 潮叡

当山生まれ当山育ち。日本仏教では能力才能がなくても成仏できる、幸せになれると説いています。これを誰が聞いてもわかるお話にしてお届けしています。
人事百般、商業・売買・生活環境向上、なんでも相談お受けしております。

恩を忘れては仏法にあらず

当山は、織田信長の父君信秀公の時代、天文十年〜十六年のころ大垣城の北東の砦として創建されました。北の通りからお寺の横を通る道は美濃路であり、大垣城下へ入るはじめの要所でした。

不思議なことに当山から南西の中心線を引いていくと裏鬼門に宝光院があり、養老の滝をかすめ紫香楽宮を通って奈良平城京の中心を貫き、元薬師寺があった観音池に至ります。この鬼門線から先人は何を汲み取ったのでしょう。

遡って壬申の乱の頃、西濃地域は大海人皇子(天武天皇)の乳母や巫女を太安万侶の父太品治が養ったところとされます。その孫聖武天皇はついに大仏殿を日本に出現させました。

江戸期元禄四年、伝馬町實相寺住職充足院日東上人は身延山から七面大明神をご遷座し、城主戸田家の祈願所として当山を生まれ変わらせました。犬坊丸はさぞお喜びのことだったでしょう。

近代となって、天台座主の弟子覚圓上人は倶舎論の講師をつとめる学者でありながら、荒行を修し、運命学と仏法と神秘の力を合わせ人々の身の病、心の病、商いを治める先達を育て「人尊きがゆえにところ尊し」の精神で社会に尽くされました。

奉祈祷言上



コロナ騒動に人権紛争と先送りにしてきた課題が顕現した今、具体的な取り組みは「対話」の推進ですが、

当山では祈りの道場として、世界安寧の祈祷を、
日々昼夜に亘って、言上しております。

どうぞご一緒にお祈りください。

皆様の元、皆様の家神様、御先祖様へも法味が届きますように。

諸仏諸菩薩諸天善神威光倍増現無量神力
三界皆仏国十方悉宝土身是安全心是禅定
有縁無縁怨親法界万霊抜苦与楽転凡成聖

第一期祈祷言上 令和2年7月15日まで

メッセージ

当山にご関心いただく皆様へ
お釈迦様は自分の目の前にいる人々ばかりではなく、二千年以上の後の時代を暮らす我々にとっての救いも説かれました。それが妙法蓮華経に託されています。
当山はお釈迦様から日本(聖徳太子)へ、そして日蓮聖人へと託された現代社会のために説かれた法華経にある救いの実践道場です。
それは一言で言うと「対話」という他者に向ける振る舞いに集約されています。
対話はあらゆる対立や敵対、そして葛藤に根本的な解決をもたらす秘策、お釈迦様最高の智慧による救いであります。
これまでの戦い、勝負は相手を打ち負かし自分が勝ち取るものでした。お釈迦様が提案される戦いは相手の価値尊厳をより高める智慧の勝負です。当然勝者はもちろんのこと敗者も豊かになる戦い。これが「対話」です。
多くの人と共有し、人類の勝負のコンセンサスにしていきたい。そう願ってこれを勧めています。ご協力のほどお願い申し上げます。

釋潮叡 当山十五代当代山主
昭和44年生まれ。幼少より僧風修行を積み、15歳で身延山久遠寺へお給仕に上がる。立正大学仏教学部卒業。
舞台演劇・学校教育・自然治癒療法などの専門家に従いて学ぶ。
法華修験遠寿院荒行堂満行。
学生期より東洋思想、九星気学風水、日本仏教思想の就学を深めるとともに、世界で活動する宗教者の現場の体験を多く聴き、宗教対話、宗教体験を重ね今日に至る。
現代宗教研究所岐阜教化センター長。
岐阜刑務所教誨師。
日蓮宗国際交流会会長

諸宗教対話

宗教対話とは、異なる宗教を信仰する宗教者同士が互いに相手の教えを学びながら信仰を深めていく取り組みです。
この成果には眼を見張るものがあります。
「他の人々の宗教は尊敬に値する。他の宗教を敬うことは、自分の宗教を敬うことである。もしそうしないならば、人は自分自身の信仰を侵害することになる。自分の信仰ばかりを賞賛し、他者の信仰を中傷するならば、その人は自分の信仰に対する重大な罪を犯していることになる。調和のみが善である」
これはお釈迦様が亡くなってわずか300年ほどの時代のインドを治めたアショカ王の言葉です。
すでにこの時、仏教は他の宗教を敬い、そこから学ぶ尊い姿勢を得ていました。すでに大乗菩薩道が確立していたことがわかります。
これはお釈迦様のお言葉の中でも明らかなことです。
宗教対話は、宗教者ばかりではなく、一般社会の人間関係や組織の統率にも多くの豊かさをもたらしてくれる智慧があります。

仏道修行にある「対話」を学びませんか

仏道修行にはいろんな方法があります。「対話」もその一つです。
仏教にはご承知の通り「空」の法門があり、「無我」という自己の存在の真相を説き明かした解脱(自分からの自由)の手がかりがあります。
これは「縁起」の法門とも言われます。
これら仏教の教えに基づいて仏道修行の姿勢は定められているのですが、それに汎用性を持たせたのが宗教的「対話」です。

これはある意味難解であり、ある意味容易なスキルとも言えます。

言えることは、この対話を身に着けると、自主自由に生きながらそれでいて出逢う他人と深い信頼で結ばれていく、そんな人生を得ることができるのです。

学びの徒来たれ!

講座「ひじりみち」

儒教と仏教にある叡智と情報を自ずから活用して自ら活路を開いて幸せになる人、そして他人を幸せにする人、
いわば、これまでお坊さんがやってきた事を習って
自前でできるようになりたい人の講座です。
ひじりは「聖」です。誰よりもよく聴く力を持つ人。
人ばかりではなく天地自然の声を聴きます。

ご関心の方は、ぜひお問い合わせください。

ご相談にお乗りしております

日常生活における苦悩の解消、また、もっと生活を向上させたい、そう願われる思いに寄り添い、良い明日を築くご相談をお受けしております。
お仕事における優良化対策、売上向上、組織の充実なども。

どこからでもいつになっても、その気にさえられば必ずや人生はひらけます。

人生相談、生活向上、人事百般、お問い合わせください。

アクセス

8時開堂 17時閉堂 自由参拝

御用の際 必ず前もってお約束の連絡願います
突然のお越しはご遠慮ください

宝光寺 503-0808 大垣市三塚町1081
大垣駅北口バス停 3番 ソフトピアジャパン行き
                        2番 岐阜羽島駅行き

乗車時間 約13分  

三塚町 もしくは イオンタウン大垣 下車 徒歩 5〜6分

ソフトピアジャパン行き 大垣駅時刻表  ←クリック

岐阜羽島駅行き 大垣駅時刻表  ←クリック

車でお越しの方 
名神高速道路 安八ETC出口より14分 大垣ICより15分 大垣西ICより13分
tel:0584-78-5351
mail:taiw@ho-ko-ji.com

✳︎お気軽にお問い合わせください。

毎日が美味しくなる梅干しです
ドイツメシェデの修道院本堂のこもれび
おひさまと大地と水と風に感謝して

おあさじのままに・・・

「おあさじ」とは、お朝事、朝勤、お寺で毎朝するお祈りの事です。祈るということはとても大事なこと、仏教では世界は祈りから生まれていると、物質世界と精神世界の関係を明かしています。
お寺の「おあさじ」では、多くの篤い志しによって保たれてきたお寺の建物、宝物、ご縁、参る人、守る人がさらに護り継がれ、ご縁のある方々との縁が深く結ばれ良き教えが広く長く伝えられますように。そうすれば、国は栄え、身の安らぎと心の安定を得た社会となり、五穀豊穣、天地自然が調和し、安心安全のところが生まれる。人は身と心と言葉を使って人事を尽くし、神はその自然力を用いて影に働き、お釈迦様も阿弥陀様も大日如来も薬師如来も全ての仏様は人と国を導いてくださいますよう。祈り願い申し上げます。
とお勤めします。
まずは寺人からその祈り願いの通りになるよう自分の指針を調え、日々を過ごすこと、これがお寺の最も大切な仏事。そのままにしていく「おあさじのままに・・・」を合言葉に。

ANATA.mvt
貴方 ムーブメント

日本語は素晴らしい。たった一言「あなた」という言葉の中に深い知性を込めています。あなたは貴い方と書きます。「あなたは私にとって貴い人」という思い。これは仏様が「全ての人は私と同じように仏様なのだ。私だけが貴いのではなく、みんなすでにそのままで仏様」というお悟りをなされた、その境地そのもののぜんたいを一言で「あなた」と呼び表しています。
この日本語と仏教と東洋の文化が生み出した言葉とそこに込められている慈悲や智慧といった深く相手を敬う姿勢を誇りとし、この日本語「貴方」をそのままに世界に広めていきたい。それがこのANATA.mvtです。出会った相手を「貴方」と受け取ることで本当の「おもてなし」が実現します。
どうぞ、このANATA.mvtにご協力をお願いいたします。

ねがお の こころ

「祈りの叶わぬことはあるべからず」と申します。この言葉には深い深い大切な心理が籠められています。
祈り願いは必ず叶う。現代社会が最も忘れてしまっていること。そして最先端物理学が証明する結論を出したこと。
当山では「みんなで願おう」を合言葉に「ねがお運動」を薦めています。
人生は願った通り、祈った通りになります。だから自分の願い、自分の祈りに注目する必要があります。

いのりは意乗りです。祈りが駆け巡るのがいのちです。いのりは必ず叶います。
天然自然の姿をお手本とし、空想ではなく、目に見えて効果が現れ、ほんとに現実が変わっていくひじりみちをお勧めしています。